薬学科ガイド 教員自慢(全教員紹介)

田中 宏光(たなか ひろみつ)准教授

田中 宏光准教授
私の座右の銘
天に星地に花人に愛

わたしの授業はココが違います

ホスピタリティーを身につけるために、基本的な生物に対する知識を持つことは大切です。学生の関心を尊重し、自主性を引き出す授業を通して、生物を理解したいと考えます。生命工学の新たな技術をどのように扱っていくのか、社会は決めかねています。その扱いは、若い世代に委ねられています。この点について共に考えていきたいと考えています。

わたしのゼミの魅力

最近の分子生物学の進歩はめざましく、実験技術は発達し、体の一部の細胞からさまざまな細胞を再生できる可能性が示唆されました。生殖細胞の分化を中心に、学生の興味の対象に合わせて最新の技術を駆使し、実験を進めます。最終的に研究の結果を学会や論文として発表することをめざします。社会との関わりを重んじ学生の長所を伸ばし、薬剤師としてやりがいを実感できるようにともに考えます。

是非読んでほしい本

  • 書籍名:COSMOS
  • 著者:カール・セーガン

わたしの研究をちょっと紹介します

研究テーマ:生殖細胞分化の分子メカニズム

人間は、お互い支え合い生活を行ってきました。私たちの心に芽生える愛情とは何なのでしょうか?生物を研究することによってそのメカニズムに迫ることができと思います。また、科学的に明らかにされた生物のメカニズムは、医学薬学また工学などに応用され社会の福祉に役立つと考えます。

これからの私のプロジェクト

地域に根ざした大学に

私は、今年初めて大阪を離れ、長崎国際大学に赴任いたします。今まで、生殖細胞分化の基礎研究の成果を医療に役立てるために、活動を続けてきました。グローバルスタンダードの進展とともに、他とは異なった特色のある新らしい視点から私達の生活を検証し、向上させることが必要とされています。長崎国際大学の地から特色のある教育と研究を全国に発信していきたいと考えています。

ページトップへ