キャンパスマップ

ハウステンボス

ホスピタリティ溢れるキャンパス

本学の施設・設備のすべては、ホスピタリティをコンセプトに設計されています。人と人、人と自然、人と建築のよりよい関係のなかで、地域の人々にも開かれた大学として、本学ならではのキャンパスづくりをめざしています。

キャンパスマップ

キャンパスマップ
大学本部棟
1大学本部棟
人間社会学研究棟
2人間社会学研究棟
教室棟1号館
3教室棟1号館
教室棟2号館
4教室棟2号館
教室棟3号館
5教室棟3号館
教室棟4号館
6教室棟4号館
管理学研究棟・教室棟5号館
7管理学研究棟・
教室棟5号館
教室棟6号館
8教室棟6号館
薬学研究棟
9薬学研究棟
薬用植物園
10薬用植物園
図書館
11図書館
食堂棟
12食堂棟
運動場・ゴルフ練習場
13運動場・ゴルフ練習場
テニスコート
14テニスコート
体育館
15体育館
卒業記念モニュメント・時計台
16卒業記念モニュメント
・時計台
正門
17正門
裏門
18裏門

キャンパスの特徴

  1. ハウステンボスとの連携

    本校と隣接するハウステンボスは、もう一つのキャンパスです。多くの学生がアルバイトの場として活用し、プロの仕事にふれる貴重な経験の場となっています。

    ハウステンボス
  2. 地域に開かれたキャンパス

    他大学との提携による公開講座、図書館や食堂などの施設は、地域の人々が自由に利用できます。また、産業界や地方公共団体との協力関係を深め、施設・設備や研究成果の提供、受託研究員の受け入れなどを行っています。

    地域に開かれたキャンパス
  3. バリアフリー設計

    身障者や車いす利用者に対応したトイレやエレベータ、点字誘導ブロック、引き戸などを取り入れています。

    バリアフリー設計
  4. 環境への配慮

    自然採光や通風に配慮しているため、自然とのふれ合いを感じながら過ごすことができます。

    環境への配慮
  5. 情報化社会への対応

    モバイル機器で学内LANに接続できるよう、随所に情報端子を設置。学内情報は携帯電話からも入手できます。

    情報化社会への対応
  6. ゆとりと潤い

    学生が教員や地域の人々と自由に語り合えるよう、キャンパス全体をパビリオン風に設計しています。

    ゆとりと潤い

ページトップへ