国際観光学科ガイド 教員自慢(全教員紹介)

尾場 均(おば ひとし)准教授

尾場 均准教授
私の座右の銘
好きこそものの上手なれ 好きで剃る事には、功徳がある

わたしの授業はココが違います

今の情報社会は、常に新しい情報を正確に取り入れ理解することが必要になってきます。情報関連の講義の中で、旬の情報を正確に見極め、毎回の講義で何か新しい発見や自分に有意義な情報を得ることができ、情報活用の実践力と情報社会に参画する態度が身につきます。

わたしのゼミの魅力

佐世保のコミュニティFMで毎週日曜日に60分の生番組を担当。
7年目350回放送で現在も継続中。ゼミ生が全員で番組を制作し、放送する活動を行っています。正確で最新の情報が重要視されている現代社会では情報収集・情報発信の能力は今後、なくてはならない技術です。情報社会を理解し、情報を判断し効率的に運用・活用できる能力、メディアリテラシーを学びます。
また、実務能力を向上する情報関連の資格取得をめざした学習も行います。

是非読んでほしい本

  • 書籍名:触覚メディア
  • 著者:中島 誠一

わたしの研究をちょっと紹介します

研究テーマ:情報バリアフリーとネットワークを利用した共同学習

「いつでも、どこでも、だれでも」情報機器が使える社会の実現には、環境や年齢に制約されることなくネットワークを利用した情報教育の方法や環境づくり、また情報機器と人間との接点であるインターフェイスを研究し、情報機器によって社会参加を支援すべきと考えたからです。

コラム

私の主要な産学官連携活動

佐世保バーチャルカレッジ

学校教育現場で、地域や環境をテーマとして、総合的な学習が進められ、学習する道具としてパソコンが効率的に配備されインターネットの環境も全学校へ整備されています。このような環境の中、次の世代の故郷を担う子供たちに、生きた情報を提供することと、インターネットの持つ双方向性を活用したシステムを設置し、複数の小学校で共同の学習を産学官で企画しました。この実践研究で「総務大臣賞」を受賞しました。

ページトップへ