1期生をたずねて特集

Special contents

大学を目標にせず夢を目標にすべし

羽山 真一
Voice4
株式会社サンドラッグ 勤務
薬剤師
羽山 真一
2012年 薬学部 薬学科卒業
沖縄県立向陽高等学校出身

薬剤師のトレーニングリーダーとして薬剤師や登録販売者の教育に携わっています。どのような心配りをすればお客さまに喜んでいただけるか、自分の経験をもとに指導を行っていますが、薬剤師に求められるのは、まさにNIUで学んだホスピタリティ。お客さまのニーズに合わせた商品や生活提案ができる、「薬」と「人」の架け橋になれる社員を育てていくのが、現在の目標です。

Q1

開設したばかりの
NIUを選んだ理由は?

沖縄の出身高校で指定校推薦を
受けることができた。

沖縄には薬学部のある大学がなく、進学する際には県外に出なければなりませんが、NIUには沖縄県出身者が多いと聞き、心強く感じました。

Q2

在学中に頑張ったこと
印象に残っていることは?

薬学部野球サークルを立ち上げた!

第一期生ということで多少の戸惑いはありましたが、新しい大学を自分たちでつくり上げていける期待感は大きかったです。

Q3

NIUの良さって何ですか?

大きくない大学であること。

先生方は学生一人ひとりを把握して個々に合わせた的確なアドバイスをしてくださいます。母校を訪れる機会がある時など、学生と先生方の距離の近さは、今も昔も変わらないと感じます。

Q4

NIUでの一番の学びは?

つねに挑戦し続ける姿勢を培ってくれた。

薬学部では国家試験に向けて6年間、継続的にコツコツと受験対策を積み重ねていかなければなりません。クラスメイトとそれぞれの得意分野を教え合い、助け合うことで乗り越えてきました。

Q5

今の仕事に生きていることは?

継続的なチャレンジ精神と
接客業に欠かせない社交性。

学生時代は人見知りが強く、「無口で怖い感じがする」と同級生から言われていました。しかし、勉強やサークルなどを通じて多くの友と関わることで、徐々に克服することができました。

Q6

学生時代にこれは
やっておけと思うことは?

良い友人をつくろう!

大学はゴールではありません。大学を目標にするのではなく、夢を目標にして、有意義な学生生活を送ってほしいですね。在学中、同じ夢を追いかけた仲間との絆は深く、卒業後もずっと交流が続いています。