卒業生の今特集

Special contents

NIUで培った
「温かい眼差し」が
仕事の根底に。

橋口 靖大
社会福祉士
佐世保市吉井地域
包括支援センター 勤務
橋口 靖大
長崎県立佐世保西高等学校 出身
社会福祉学科 2006年卒業

 地域の高齢者やその家族のために介護、福祉、医療など総合相談を行っています。相談していただく方々が納得し、少しでも安心していただけるような支援を提供できた時に喜びを感じます。学生時代は単に福祉の専門知識だけではなくボランティアや茶道部、エイサー、ゼミ活動などを通して思いやりの精神や礼儀作法を自然に学ぶことができ、そのことを今、様々な方と触れ合う上で大事にしています。今後もNIUで学んだ「見えないところに気づく」ような気遣い、他者への温かい眼差しを根底に置いてスキルアップし、将来は後進の育成にも携わることが目標です。

学生のときの私へひとこと

後輩が教えてくれたよ、目線を合わせて話す姿や靴を並べる所作を見てたって。今も見られてるよ。ファイト。